スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 恋愛ブログへ
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
まずは相手を見つめてみよう。
ジッと相手の目を見つめることに抵抗を覚える人は多いかもしれません。
しかし、意中の女性に自分の思いを伝えたい、自分のことを理解してほしいと訴えるのであれば、まずは相手を見つめることが重要のようです。
例として、セールスマンの話がありました。
あるトップセールスマンは女性相手のセールスをする場合、相手の目をジッと見つめて話すそうです。相手が断ってきたりしても相手の言葉にひるんだりせず、ただ見つめながら熱心に話をすると成功する確率が高いのだそうです。
女性は見つめられるとうれしくなるというのが、その理由だというのですが、実際はどうなのでしょうか。

アイコンタクトという言葉があります。
この場合、熱心に商品の説明をするセールスマンの気持ちが、アイコンタクトを通して相手に伝わったのだと思います。

つまり、ただ見つめることに意味があるのではないということです。例えば、電車の中で見ず知らずの人がジッとあなたを見つめていたとしたらどうでしょうか。必ずしも好い気はしないはずだし、思わず目をそらしてしまいますよね。それに、自分のどこかがおかしいのではないかと色々かんぐったり不安になったりするかもしれません。
視線は確かに相手に訴える力があるようですが、そのメッセージは明確に言葉などで保管しないと誤解を生むようです。
言葉や行動であなたのメッセージを相手に伝えつつ、目線でそれをより強く訴える。
男性女性に関わらず、真剣にあなたに行為がありますと訴えられれば、困ることはあったとしても嫌な気はしないものです。嫌な気がしていないならば、たとえ相手が困っていてもそれはプラスに働くはずです。

スポンサーサイト
にほんブログ村 恋愛ブログへ

テーマ:恋愛と心理学 - ジャンル:恋愛

【2008/11/11 07:28】 | 女心をひも解こう【恋愛心理】 | コメント(0) | page top↑
<<いきなり食事に誘うな | ホーム | みんなでわいわいバーベキューなど>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。