スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 恋愛ブログへ
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
みんなでわいわいバーベキューなど
よくサークルのイベントや地域の集まりなどでバーベキューなど、みんなで食事を取ったりします。
みんなで同じ食事をしたり同じ食事を分け合うこの行為ですが、実は仲良くなる上で非常に役に立ちます。
つまり、イベントでみんなで料理したり大皿料理を分け合うのは非常に理に適っています。

心理学的にはこれを「共食の効果」というそうです。共に食事をし、行動することで集団の結束を高めることが出来ます。

さて、居酒屋さんに出かけると食事は大体一品料理ですよね。これを分け合うのも仲良くなるための日本の文化ということなのでしょうか。ランチは一人分ずつ、夜はレストランはお酒が出て、食事は一品料理が主体となる。これはつまり、仲良くするのは夜が良いってことですか?
まあ、それはさておき、一緒に食事を取るのは親しくなりたい証ということでしょう。あなたを食事に誘ってくれる人がいるとするならば、それはつまりそういうことなのです。同じ食べ物を一緒にとると、その料理も話題になりますし、普段話しづらい人と話したいとこなどもよいかもしれないですね。
中華とか、居酒屋とかよくないですか。
ラーメンとかはちょっと向かないかもしれないですね。

スポンサーサイト
にほんブログ村 恋愛ブログへ

テーマ:恋愛と心理学 - ジャンル:恋愛

【2008/11/10 07:24】 | 恋は何処からやって来る?【恋愛心理】 | コメント(0) | page top↑
自分に釣り合う相手を選んでしまう2
先の無意識に相手との釣り合いを考えてしまう行為。
ただ、重要なのはこれはあくまで周囲の一般的な評価ではなく、あなたの主観的な評価が判断の目安となるということです。

つまり、周囲から「なぜあなたがあの人と?」と問われても、あなたにとってそれがバランスの取れた相手であればそれでいいのです。あなたが無意識にバランスの取れる相手を選んでいるのですから、それはあくまであなたの価値観でのバランスです。もちろん、周囲の言葉に人の心は揺れるもので、その影響が皆無とは言わないですが・・・。

このような効果は心理学的にはマッチングセオリーと呼ばれているそうです。
例えば趣味や食べ物、ファッションなどの好みが共通している人に対して親近感を覚えるそうです。趣味や好みが似ていると確かに話す話題も無理に考える必要もなく、話すにしても気が楽ですよね。そういった安心感が恋愛への第一歩ということでしょうか。

また、内面的な共通点が多い相手とは、すれ違いや争いが起こったときもその解決が容易で、解決することでより関係が深まることもよくあります。「雨降って地固まる」の通り、より深い信頼関係を構築するのです。

にほんブログ村 恋愛ブログへ

テーマ:恋愛と心理学 - ジャンル:恋愛

【2008/11/09 07:22】 | 恋は何処からやって来る?【恋愛心理】 | コメント(0) | page top↑
自分に釣り合う相手を選んでしまう1
魅力的な異性に出会ったとき、ついつい「自分では釣り合わない」とか、あまり魅力的ではない異性に出会ったとき「自分ならもう少し上はいけるかも」とか思ったりしませんか。別に、実際にどうなるかはさておき。

人は安心や安定を無意識の内に選ぶものです。
なので、恋愛対象も無意識の内に安心や安定を得られる対象を選んでしまいます。

例えば、自分より全然魅力的な異性と付き合ったとします。
あなたは最初は良いかも知れませんが、だんだんと相手が別の異性に奪われてしまわないかと不安に駆られてくるのではないでしょうか。
逆に、自分と比べるとそれほど魅力的ではないと感じる異性と付き合ったとすると、魅力的な異性を見るたびに心が揺れ、相手との関係に不満を覚えたり、一方で相手を傷つけたくない思いが交錯して苦しんだりしないでしょうか。

にほんブログ村 恋愛ブログへ

テーマ:恋愛と心理学 - ジャンル:恋愛

【2008/11/08 07:20】 | 恋は何処からやって来る?【恋愛心理】 | コメント(0) | page top↑
好みのタイプは「好きになってくれた人」2
先に説明したように人は自分に対して好意的な人にほど心を許しやすくなります。

相手に対して好意的な態度を取る機会が多いほど、その効果は大きくなりますし、また、相手にそういった態度を取る人が周囲に少ないほど効果的です。例えば、誰しもが好意的に接してしまうような魅力的な異性が相手であればよほどの頑張りが無いと、相手はあなたを特別とは見てくれないでしょう。

ただ、だからといって気を落とす必要も無いのです。誰から見ても魅力的な女性はいわゆる高嶺の花という感じで、早々誰しもが積極的であるとは限らないものです。意外に寂しくしているかもしれないし、そこはチャレンジするべきでしょう。

また、告白する時やはり気になるのが相手の気持ちですが、告白された瞬間から相手の気持ちは変わります。
「告白されて始めてその気になって付き合い始める」そんなカップルも結構多いのです。相手に好かれたいのであれば告白も一つの手だということです。特にあなたが女性であればこの手段は有効だといえます。
いっぱい男性を褒めて持ち上げておけば、単純な男なんて直ぐにその気になるというものです。

にほんブログ村 恋愛ブログへ

テーマ:恋愛と心理学 - ジャンル:恋愛

【2008/11/07 07:28】 | 恋は何処からやって来る?【恋愛心理】 | コメント(0) | page top↑
好みのタイプは「好きになってくれた人」1
あなたに対して好意的な人に対しては、あなたも好意的に対応しませんか?
「周囲の人に認められたい」「好意的に思われたい」というのは誰もが本質的に持っている欲求です。承認欲求・尊重欲求などといわれています。そして、人は自分の欲求を満たしてくれる人に対しては好意的になるものです。
これを好意の返報性というそうです。
例えば、看護師や介護を行っている人たちは、介護の対象者が異性の場合にかなり誤解を受け、恋愛対象として見られてしまう機会が多いのではないでしょうか。職業的な立場上、相手に対して好意的に振舞う機会の多い人は、その対象者からすかれる機会も多いはずです。しかしまあ、それが若干問題を生んでいる部分もあるようですが。

つまり、誰しも自分に対して好意的に振舞ってくれる人に対しては心を許しやすく、また、その人に好意的な感情を抱きやすくなります。

にほんブログ村 恋愛ブログへ

テーマ:恋愛と心理学 - ジャンル:恋愛

【2008/11/06 07:26】 | 恋は何処からやって来る?【恋愛心理】 | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。